マズマズ。

EXCEL、株、CFD取引きなど(●´ω`●)

転職活動疲れ

1月中に面接があった企業は、12月中に申し込み⇒書類通過した企業だったので

1月に入ってからは実質、転職活動休止中です。

原動力にしていた、6時間罵倒会議が5時間平穏会議になったので今の会社で

もまぁ何とかなるのかと思ってしまいました。

いや、結局5時間は会議出席しているけれども。

 

 

今の会社で不満に思っているところは

1)キャリアプランがない

出世する順番が男性が優先、女性は独身・既婚でもコナシ女性という雰囲気

ようは、休みが少なくて残業あっても不満を言わない人。確かに会社として

使いやすいでしょうし、融通も利くし。

あと、評価基準があいまい。「目立ったことしたかどうか」「声のでかさ」

だけできまる。

2)年間休日が105日しかない

GW、お盆休みが短い(3日)

3)親族経営なので、社長の権力が絶大、薄給

6時間会議(ずーっと罵倒)、1時間朝礼(立ちっぱなし、罵倒)

全部社長の顔色をお伺い

4)管理本部がだらだら

部長や課長が明らかにさぼってる

 

今の会社で良いところ(面接受けて改めて知った)

1)中堅社員なので、そこそこ働きやすい

2)有休20日全部使える(社内で1位の有休消化率を誇る私)

3)仕事さぼっても、成果ださなくても、評価されない

 ※前述1の逆で、成果出してもたいした評価されない

4)社長以外は話せばわかる人

5)上の人がだらだらしてるので、何も言われない

 

良いところであげたけど、こんな環境で働いていたら

ダメになると思うのでやはり考え直す必要があるなぁと思い直しました。

面接受けよう...

 

今までみた求人で最高峰の内容

1)フレックスタイムあり、年間休日120日以上

2)有休は入社初日から10日付与

3)主要駅から徒歩1分、綺麗なオフィス

4)30歳で年収500万円、40歳で年収600万円以上

5)子供の進学(小、中、高)でお祝い金10万円

6)扶養家族の子供手当で毎月2万円

 

こんな条件の会社だったらまじで転職したい...

1つ良ければ、1つダメってとこもあるので難しいけど。

経理の転職(4)

申し込み:10社

書類通過、面接:4社

内定:0社

という状況で、わかったこと。

 

(1)いろいろなミスマッチ

エージェントを通しての面談申し込みなので、結婚紹介サービスのように

相手に求められ、こちらも気に入ったらご成約というイメージがありました。

私の場合、環境を変えたい・専門分野で活躍したい・給料は維持したい

というのが転職理由なので、「御社でぜひ働きたい!」という思いを

どうやったら伝わるのか、というところが悩みます。

自分の年代から、これくらいはできて当たり前の仕事+マネジメントが

求められているということがわかりました。しかし私は、専門性を高めたい

だけに注目しているので面接に行ってお互いに「何か違う」が発生して

しまいます。簡単にいうと年齢的には「将来の管理職候補!」という求人が

向いているのだろうけど、「業務拡張につき経理職募集!」に応募したい、

という違いです。

 

(2)年齢とスキル 

数社の面接を受けた中で、

もそこそこ同じ給料もらえそう、仕事内容もいい、

給料は安くなりそうだけど休みは増る仕事内容いまいち⇒二次面接

給料も安くなるし休みも減るけど仕事内容はやりたい、

給料めっちゃ増えるけど絶対受からない、仕事内容私には無理だ。

という結果でした。

簡単にまとめると、

将来の管理職候補=年収UP、残業UP(たいてい見込み残業含む給料)

業務拡張につき経理募集=年収DOWN(企業も若い人が欲しい)

の2種類で、年齢条件とスキル不足でどちらにも通りにくい年ごろだとう

自覚ができました。

 

(3)ちょっと上を目指してみた

「給料めっちゃ増えるけど絶対受からない、仕事内容私には無理だ。」

は面接を受けてきたばかりなので、とても新鮮な感想です。

経理募集だと思って行ったら(実際決算業務出来る人と書いてあった)

IPO責任者で、そんな仕事やったことない...けど、やらせてもらえるなら

ぜひチャレンジしたいという面接官も困っただろう求職者になってしまいました。

思い出しても恥ずかしい。というか、ミスマッチ過ぎたので帰ったほうが

いいのかな?と思ったのですが一通り話はしてもらえました。

今後はこの分野での求人は身の程を知って応募しないようにします。

 

(4)筆記試験と面接

面接対策は「数をこなして慣れる」とこの本を読んでいます。

当たり前のことしか書いてないけど、面接受ける前に予習しています。

経理職の面接であれば「あれもこれも」と自己アピールできるけど、

IPO担当は「やりたいです」しか言えないのが悲しい。もっと若い時に

転職しておけばよかったと思いました。

筆記試験はもう何度も受けているのでよっぽど難しい問題以外は落ち着いて

できますが、性格診断だけは油断できないです。一度どこかで試験を受けて

結果を知っておくと多少の対策はできると思います。

 

リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!

リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!

  

 

mayas6-6.hatenadiary.jp

経理の転職(3)

前回は、エージェントに登録する・SPIの勉強しましょう。

というお話でした。

 

■面接2回目

リクナビエージェントに登録すると「14社は申し込みましょう!」という

メッセージが画面に出ているので、

・年間休日120日以上、有給とりやすい、残業ほとんどなし

・2020にIPO目指す企業

・上場企業、残業ほとんどなし、通勤しやすい

に当てはまる企業にどんどん応募しました。

結果、8社中3社書類通過になりました。(リクナビNEXT応募も1つ含む)

 

年齢的に「幹部募集」世代なんだけど、経歴多少盛っているとしても

通過率良いのはなぜだろうかと疑問です。

そうはいっても、書類で「ポジション合わず」「スキル相違」という

返事が返ってくると落ち込むので、書類通るだけでもすごく自信がつきます。

 

2社目の面接は1次面接→2次面接まで1週間という、求人企業に退職者が

出るのであちらも相当焦って人探ししている状況の会社でした。

仕事の内容も経理総務で、本部の経理職やってたのに専門性のない仕事になる

とか総務やったことないなど不安を感じつつの面接でしたが

第一印象が良かったようで、1次面接は無事通過しました。

問題は2次の役員面接。

他社の社長さんはあんなに怖いのか・・・と震えました。

弊社と比べると、売り上げ規模も経常利益も3倍なので仕事に対する厳しさが

違うとというか。うちも社長の恫喝に震えて仕事する日もあるけど、

そんなの甘っちょろいと思えるような眼光と威圧感で気持ちが完全に折れました。

 

そんな面接での失敗を振り返ると

・会社を辞めたい理由

仕事の中での問題点を洗い出し、改善提案をするがなかなか上層部に意見が通らず

抜本的な改善をできないまま業務をし続けることに疑問を感じるようになった。

→確かに本当なんだけど、ものすごいネガティブだなぁと話しながら思った。

 

・仕事の中で気を付けていること

経理の部署にいると「話しにくい」「怒られる」と嫌煙されることもあるが、仕事の中で他部署の方とコミュニケーションを積極にとり話しやすく、相談しやすい雰囲気を心がけている。それによりお互いの仕事が円滑にすすむ。

→なんか足りない。

 

経理総務で募集しているが、社内での異動があった場合に対応できるか。

経理として専門的な知識を活かし仕事をしたい。総務の仕事は初めてだが、自分の仕事の幅、キャリアアップもできると考え積極的に取り組みたいと考えている。しかし、これが全くの別部署となると環境や業務内容がわからないことから今の段階ではむつかしい。

→おそらく、「この会社で働きたい」という思いがある人なら即答できると思うけど、

私は職種から会社を選んだので、そこが変わると仕事続ける意欲が続かないと思う。

 

結局、今回の面接も「職務経歴書読まれてない」「履歴書見てない?」ような状況でした。職務経歴書からの質問だったら具体的に説明できるのだけど、ぼんやりした質問は答えるのが難しいという問題につきあたりました。やっぱり面接のスキルが必要。

 

しかし、この面接で分かったのは

・職種は妥協してはいけない。(絶対に経理

・仕事のためなら多少の残業UPは許容できる

・残業増えるなら、通勤距離が近いところが良い

・自分の年収が意外とよかったので、今より低いところはいかない

(後で後悔すると思う)

・4月以降でないと転職難しい

(今回の会社は1月にはもう来てほしい、だったのでスケジュール合わない)

 

ということでした。次は2020IPO予定の会社なので頑張る。

仕事内容は希望通りだけど、募集要項が管理職(部長)なので

めっちゃアンマッチな求人だと思うのだけど、果敢に挑戦だけします。

 

 

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

 

 mayas6-6.hatenadiary.jp

(つづく)