mayas6_6’s blog

EXCEL、株、CFD取引きなど(●´ω`●)

トレインスポッティング2観てきた

 1996年に公開されたときは映画館では観ていないですが

DVD買って永遠に大好きな映画の1つのトレインスポッティング

20年ぶりの続編公開をとても楽しみにして映画館に行ってきました。

 

回顧録的な感じでいい話にまとまっているかと思ったら

スパッドは自殺しようとしているし、レントンはシックボーイに

ものすごく恨まれているし、ベグビーは相変わらず暴力的だし

誰一人、一般的に幸せといえるような生活をしている人がいなかった...

 

そして、20年前はドラッグに溺れて仕事もせずぐだぐだしているだけ

でもその若さとスタイルの良さでおしゃれで美しかった青年たちも

時がたち、ちょっと太っていたり皺が目立ったり、髪の毛が薄くなっていたりで

がっかりするような見た目に代わって争う姿も醜くかった。

相変わらず汚い(汚物やドラッグを吸引する姿)も、20代と40代では

こうも違うかと衝撃でした。

 

でもこれって、客観的にみられている自分にも当てはまるんじゃないか

彼らを通してみる時間経過の現実を目の当たりにして、途中泣きたくなるような

気分になりました。2,3年ならごまかしながら生きていけるけど

あと30年どうしたらいいんだっていう気持ちもわかる。

 

レントンがベロニカに「choose life」を語るシーンで

世間がわかり、幸せの基準がその都度かわり、

その中で自分のことを不満に思うのは自分のありたい姿との比較でなく

他人に承認されたい欲求が満たされないというだけだったらそれに意味があるのか?

ということにちょっとだけ気が付きました。

 

レントンの20年前、あの笑顔で新しい道に進んで輝かしい未来をつかめる期待を

一緒に持って過ごした20年後、「結局こんなもんだw」と思っても自分にがっかり

しないでいれるのがトレインスポッティング2を観て良かったところかなと思います。

 

しかし、「Choose life. 」結果が今なんだよねー?笑うしかない。

 

T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック

T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック

 

 

レントンが持ってた16000ポンドのうち、自己投資に使って余った資金の

一部でもamazonの株買って寝かせていたら大金持ち。人生変えたいって思ったらまず

お金なんだなと思いました。20年前はお金なんて何とでもなるというか、

これから稼ぐぞと思っていたけど、働いて得る給料/それに費やす時間って

見合ってない、けど普通の人はそうやって生きていくものなんだという考え方は

諦めなのかな、と少し考えれるようになりました。株つらい時もあるけど

仕事半分・株半分ぐらいで少しだけ自分の考えるゆとりがある生活できたら

幸せで楽しいって思えるかな。